山下大地 研究員(国立スポーツ科学センター)

私は、大学アメフトのコーチをしていた頃より朝倉氏のムーヴメントセミナーを受けたり、アメフトチームの練習を見学させていただいていました。競技力向上を目的とした研究をすりるようになり、現場のクエスチョンや先行研究の知見を共有させていただいております。 私の研究の共同研究者としても関わらせていただき、特に素早い方向転換動作に関する研究や、アメフト選手の体力水準に関する測定を通して議論を深めてきました。 私は研究の成果を現場に活かしたいと常々思っています。そのためには研究者と現場のコーチが議論し合い、お互いの知見を共有する場が必要だと考えておりました。 そのような中、従来からあるような実技だけを教えるようなプログラムではなく、専門家による講義も提供されているShool of Movementが誕生したことにより、多くの研究者や現場の方が出入りするようなプラットフォームになるのではないかと期待しています。